銀行200万借りる
借りるときには返す時のことを考えましょう。
アイフル返済方法は豊富にあります、とはいってもそれは別段珍しいことではありません。
・振込返済
・店舗での返済
・アイフルATMでの返済
・提携先ATMからの返済
・コンビニでの返済
・口座振込みによる返済
こうして見てみると返済は困らないように感じますが手数料がかかりますので注意しなくてはなりません。
どこの消費者金融でも通常はすべての返済方法が無料なのではなくいくつかの無料の方法があるものです。
アイフルも同じように返済方法はすべて無料でもすべて手数料がかかるわけでもなく手数料が無料になる返済方法には限りがあります。
まず、提携先の場合には利用手数料がかかります。
借り入れも返済もいずれも扱う金額が1万円以下の時には105円、1万円超のときには210円です。
そのほかの返済方法としては銀行からの振り込みによる返済であればその時に利用する金融機関で決められている振り込み手数料がかかります。
つまり、返済に手数料がかからない方法は下記になります。
・アイフル店舗
・アイフルATM
・口座振替
一見して返済方法が豊富だと思えたアイフルではありますが、手数料がかからない方法を探してみると3種類しないことがわかりました。
口座振替は金額を自分で指定することができませんので今月はいつもよりも多く返済できるとなったときには口座振替での通常通りの引き落としのほかにATMを利用して追加返済をしていかなくてはなりません。

どうしてもお金に困ってしまったら、みなさんはどうしますか?手元にも、銀行にもお金がなく、万事休すとなってしまったら。どこからか、お金を借りるしかありませんよね。ないものは、ないのですから。

一番に考えるのは、親や兄弟、または友人に頼むことでしょう。そうすれば、利子や返済日に困るようなことはないですから。しかし、安易に「お金を貸して」というのは、非常に危険です。その一言で、家族や友人の、あなたへの見方が一変しないとも限らないのです。

また運良く借りられたとしても、約束の日に返済できなければ、大切な人間関係を失ってしまうかもしれないのです。

確かに、利子や返済日に困るのは嫌ですが、お金に変えることのできない信頼関係を失うのはもっと嫌ですよね。

その点でいえば、消費者金融は気兼ねなくお金を借りることができます。

申込方法は非常に簡単です。主な方法としては無人契約機があります。この中は、その名の通り、誰もいません。自分でタッチパネルを操作して、申込を行います。しかし、中にはカメラが設置してあり、オペレーターが常に確認できるようになっているので、もしわからないことやトラブルなどがあっても、すぐに対応してもらえるので安心です。申込が終わると、通常はすぐ審査に入ってくれます。審査に通過すれば、その場で、キャッシングカードを発行してもらい、それによってお金をかりることができる仕組みになっています。

もし、審査時間はあまり待ちたくないという人や、落ちた時のことが心配でしたら、インターネットでの申込方法を利用しましょう。

関連記事